--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-22

!C2リーグ昇級!

お久しぶりでございます。

今期のC3リーグも無事終了し、今は飯田正人杯Classicの勉強に明け暮れております。
学生兼麻雀プロの中川英一です。

今期、自分の内に秘めていた決意として、
「結果が出なかった場合には麻雀プロを辞す」というものがありました。

C3リーグはたかだか20半荘の短期戦。何故こんな決意をしたのか。
それは、昨年の冬、ある麻雀プロに言われた言葉に起因します。

曰く、「中川には背負っているものがない。
C3リーグでは実力の差なんてないに等しい。
勝ちへの執念があるかないかだ、中川にはそれが無い。」

確かに、学生の身であり、将来麻雀で食っていくか、それとも企業に就職するか、
まだ決めきれていない私にとって、その言葉は非常に厳しく、重く、応える言葉でした。

もちろん勝つ気で麻雀を打ってきたつもりでしたが、どこかに甘えがあったのも事実。
あえて退路を断つことで自分を追い込み、追いつめ、負荷をかけ続けました。

そして迎えた、今期のC3リーグ。
一着、7回
二着、7回
三着、3回
四着、3回
合計20半荘を+244.3pで終え、3位でC2リーグへの昇級を決めることが出来ました。

この結果が背水の陣によるものかは分かりません。ですが、結果が出せたことに、非常に安堵しています。

と、同時に、麻雀を教えて頂いた最高位戦の先輩方、同期の方々に深く感謝しております。

また、常に観戦にきてくれた後輩、友人たちの応援も、今回の結果に繋がった要因だと確信しています。

本当にありがとうございました。


しかし、結果こそ良かったものの、反省点はたくさんありました。
特に、今までなあなあにしてきた基礎、土台の弱さを痛感したリーグ戦でもありました。

後期から始まるC2リーグに向けて、今一度、麻雀に向き合い、勉強し、努力していく所存です。


今後も、ご指導、応援のほどよろしくお願い致します!
スポンサーサイト

2014-02-10

御無沙汰しております。

昨年の結果報告をさせて頂きますー。
===2013年度リーグ戦===
前期→34人中13位でC3リーグ残留
後期→46人中26位でC3リーグ残留
===新人王戦===
予選通過→ベスト8
===發王戦===
予選落ち
===私設リーグ===
準優勝
              以上

うーむ。昨年はあまり目立った結果を残せなかったなー。
とはいえ、新人王戦のベスト8、私設リーグ準優勝は素直に嬉しい!
競技麻雀についていろいろと学び、成長出来た一年であったと思います。
また、さまざまなプロの方々と交流を深められたことはかなりの収穫でした。
今年も一年間、プロの矜持を忘れることなく戦っていくことを誓います!

※先日より、マーチャオ赤羽店にてアルバイトとして勤務しておりますのでお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

2013-06-28

C3リーグ結果報告!

梅雨が明ければ、待ち望んだ夏がやってきます!

最近は、同じ授業の2、3年生の頭の良さに感服しつつ教えを乞うています。
また、そろそろ始まる期末テストに向けて、戦々恐々と授業に出席していたりします。


さて、先日C3リーグの最終節が行われました。

34人中10位以内がC2リーグに昇格出来るとのことで、開始時点では15位だった私にも若干の光明が差している状況でありました。

同卓者は、同じ早稲田大学で、私を麻雀に引き込んだ張本人でもある石崎プロ、全国麻雀選手権で上位の成績を修めている塩原プロ、渋谷のクエスチョンで働き、麻雀人口増加活動を推進している男澤プロ。

同卓者の平均年齢はなんと21歳!

かつ全員38期生という、これからの最高位戦を担うであろうフレッシュな卓組みとなりました。

やはり、年齢が近いとライバル心も湧いてきます。

最終節には、心身ともに万全な状態で向かうべく、授業にきちんと出席するなど、日々の雑務を完璧に処理し迎えました。

肝心の結果は、3-1-3-2の+33p。
34人中13位でのフィニッシュ。

三節終了時点では、△180pの降級圏内だったことを考慮すれば、よくここまで戻したなといったところなのでしょうか。

確かに一節目、二節目と比べれば、手の入り方もツモも良く、伸び伸びと麻雀を打てたという実感がありました。

が、まだまだ経験不足、知識不足によるミスが多く、それらを減らすために努力する必要があると強く感じる最終節となりました。

残念ながら、昇格こそ逃してしまったものの、リーグ戦の戦い方や心の持ち方など、実り多き節であったと実感しています。

後期リーグでは、今期で学んだこと、諸先輩方から教えて頂いたことを活かし、必ずや昇格することを誓います。



最後に、今リーグで同卓しC2へ昇級された、西川プロ、正木プロ、中里プロ、石崎プロ、おめでとうございます。
すぐに追いつく所存で有りますので、また対戦出来る機会を心待ちにしております。

2013-06-03

C3リーグ戦経過報告!

梅雨なのか夏なのか良く分からない天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

大学が始まって弐か月が経ちましたが、至って順調に貴重な休みを麻雀に費やしております。


さて、C3リーグは昨日で第四節まで終了致しました。

全五節のため、次節で昇格、残留、降格が決定いたします。

記念すべき第一節は記事の方に挙げてありますので、第二節から。


第二節は、ベテランの長南プロ、女流で同期の植村プロ、女流の江上プロと同卓。

終始、厳しい展開で4半荘目にようやく今期初トップを取ったものの、△58.4で終了。

第一節よりはマイナスを抑えることが出来ましたが、トータルで△134.3となり、降級圏内へ。


窮鼠、猫を咬むの精神で挑んだ第三節。

かの有名な沖ヒカルプロと、女流の中里プロ、新潟のイケメン丸山プロ、C3リーグの門番と呼ばれている?正木プロとの五人打ち。

人生初の九蓮宝燈を和了したものの、沖ヒカルプロにまくられトップを取り逃し、△55.2で終了。

トータルでは、△189.5で、もはや降級待ったなしの燦々たる成績で御座いました。


そして、昨日第四節。

同期の白井プロ、同い年の稲岡プロ、大竹プロとの対局。

それまでの節ではお目にかかれなかった好配牌に好ツモの連続。

蓄積されていたフラストレーションが爆発し、8万点オーバーのトップ。一半荘目で+90を叩き、負債を半減させると、2半荘目には、二節連続の役満となる大三元を和了し、前回の過ちを繰り返すことなく1着を確保。

これは好機とばかりに攻めまくり、最終的に1-1-2-1の+189.1で終了。トータルスコアを△0.4まで戻し、降級圏内から脱出。最終節の結果次第で、昇級まで見えて参りました。

諸先輩方からは、二節連続で役満を上がったのに、まだマイナスポイントの奴が居るらしいと、噂になっていたようで御座います。


ですが、この結果に慢心することなく、次節も戦い抜いて、必ずや昇格を果たす所存でありますので、皆様の応援をよろしくお願いいたします。


※早稲田麻雀部では、麻雀プロの方の活動ゲストを募集しております。
大学生の麻雀レベルに興味の有る方、大学生の麻雀普及にご協力頂ける方がいらっしゃいましたら、ご一報くださいませ。

2013-04-03

C3リーグ開幕!!

先日、3月31日。ついにC3リーグが開幕致しました。
私のプロとして初めての公式戦となる、C3リーグ。
1節を4半荘として、全5節、合計20半荘のトータルポイントで行います。

肝心の結果は4-2-4-2の△75.9ポイントという結果。
全33人中27位というほろ苦いデビュー戦と相成りました。

さて、感覚的なことを先にまとめさせて頂きます。

・1向聴が長い。
とにかくこれですね。不調時によくあるパターンの代表例です。
もちろん塔子選択の際に、山に居そうな塔子を残しているのですが、それらが他家にバシバシとツモ切られていく様はとても悲しいものでありました。

・好手のバッティング
そんな中でも、チャンス手というのは平等にくるもので御座います。ただ、その際に他家にも手が入っていたら?
当然ぶつかり合いとなりますね。
結果が示している通りではありますが、ぶつかり合いに負けてしまうことが多く、極め付けに12000を頭ハネされてしまった時は、さすがに心にヒビが入る音が聞こえました。

・悪手の多さ
いわゆる和了の遠い配牌を貰うことで御座います。
字牌5種各1枚、両面塔子1、辺張塔子1、浮牌4のような配牌ですね。
私の大好きな役である国士無双に向かうにはさすがに遠く、かといって面子手にするには出遅れ必死。
受けることを方針とし、七対子や初牌の役牌を抱えて打ち回るのですが、防戦一方。
必然的に不聴罰符が多くなり、じわじわと削られていく点棒に不甲斐なさを感じずには居られませんでした。

さて感じたことはまだまだあるのですが字数のため省略させて頂きます。

もちろん麻雀において、ツく、ツかないは憑いて回る問題ではあります。
おそらく、この日は客観的に見てもツかない日だったのでしょう。
ですが、麻雀プロと名乗る以上、そんな不確定なことを言うことは許されませんし、成長もありません。
単純に私が弱いから、2ラスも喰うのです。弱いから、2度もトップを取り損ねるのです。
この結果を受け止めて、次節に必ず活かすこと。
それが、リーグ戦の利点でもあり、プロとして正しい姿であると考えております。

次節である、C3リーグ第2節は5月4日。マイナス分を取り戻す勢いで頑張りますので、皆様の応援をよろしくお願い致します。

それでは失礼致します。
ここまで読んで頂きましてありがとう御座いました。
プロフィール

中川 英一

Author:中川 英一
最高位戦日本プロ麻雀協会所属。
第38期前期のC3リーガー。
早稲田大学教育学部6年。
マーチャオ赤羽店&麻雀レインボー
好きな手役は立直と中。
雀風は門前低打点派。
最近はとりあえず立直。専ら立直。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。